最近ではどんな結婚指輪が人気なのかまとめました。やはりいくつになっても抵抗なくつけられるシンプルなものが人気となっているようです。

オーダーメイドと既製品のメリットとデメリット

結婚指輪をオーダーメイドで作りたいと考えている人や、既製品を購入しようと考えている人さまざまですが、どちらにもメリットとデメリットがあります。

それぞれのメリット、デメリットを理解しておき、どちらにするか決めるようにしましょう。

◎オーダーメイドのメリットとデメリット

オーダーメイドで結婚指輪を作るメリットは、ふたりだけのものを作れることです。

ふたりの好みがうまくかみ合わない時でも、ジュエリーデザイナーがふたりの好みをうまく合わせたデザインを提案してくれることがあるので、ふたりが満足できる指輪を作ることができます。

デメリットは、既製品よりも少々値段が高くなること、制作に時間がかかること、フルオーダーの場合一からデザインを考えなければならないので、それに時間がかかってしまうことなどがあります。

◎既製品のメリットとデメリット

既製品の結婚指輪を購入するにあたってのメリットは、ジュエリーデザイナーがバランスなどをすべて考えて作られたものなので、クオリティが安定しているところです。

最近の既製品はデザインの種類も豊富で、気に入ったものが見つけやすいと言われています。

一方デメリットは、もし気に入った指輪が見つかってもサイズが合わない場合はお直ししなければならないことや、その指輪の購入自体を諦めて別の指輪を探さなければならないことがあります。

こういった場合もあるから要注意です。

※関連リンク→http://www.yomiuri.co.jp/komachi/plus/pop/20140416-OYT8T50151.html

◎こだわる点は何かで決める

オーダーメイド、既製品ともにメリット、デメリットがあります。

どちらにするか決める時は、何にこだわるかによって決めると良いでしょう。

どうしてもふたりだけの結婚指輪が欲しいならオーダーメイドですし、近くのお店で簡単に買えるのが良いのなら既製品になります。