最近ではどんな結婚指輪が人気なのかまとめました。やはりいくつになっても抵抗なくつけられるシンプルなものが人気となっているようです。

フルオーダーとセミオーダーの違いについて

婚約指輪や結婚指輪をオーダーメイドで自分たちだけのものを作るカップルもいます。

自分たちだけの、こだわりの指輪を作りたいという人にはおすすめの方法です。

結婚指輪のオーダーメイドには、フルオーダーとセミオーダーがありますが、その違いについてご紹介しましょう。

◎セミオーダーとは

結婚指輪のセミオーダーというのは、指輪の素材や形、幅、ダイヤモンドなどの各部分を選んで自分たちの好みのものを作ったり、既存のデザインをアレンジして作り直してもらうものです。

選び方によってはほぼオリジナルの指輪が作れます。

◎フルオーダーとは

フルオーダーというのは、最初からすべて完全にオリジナルのデザインで作ることです。

自分たちでデザイン画を描くところから始まり、専任のデザイナーと話し合いながら希望の結婚指輪を作っていきます。

最近では、こういう恋愛観を持ってる人もいるみたいです。

※注目記事≫≫≫1万5000円の “安物” 結婚指輪に満足する女性にネット民が拍手喝采! 彼女の恋愛観が最高に素敵なのだ!! | ロケットニュース24

◎制作期間に違いが

オーダーメイドで結婚指輪を作ると、完成までの期間が長くかかります。

セミオーダーの場合は最短で10日ですが、混み合っていたりデザインによって2か月くらいかかることがあります。

フルオーダーの場合は、セミオーダーよりも長くかかることが多く、だいたい1か月半から3か月見ておくと良いでしょう。

◎時間に余裕を持って

オーダーメイドで結婚指輪を作る場合は、制作に時間がかかることを考えて、早めにオーダーすることをおすすめします。

結婚式に指輪が間に合わないというようなことがないよう、時間には余裕を持って注文するようにしましょう。